スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.10.10 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

幅広足と破れスニーカー

TOPPERの黒いスニーカーを買いました。

topper-pro

1つ前に履いていた靴も、2つ前のも、小指のつけ根あたりが破れました。どんだけ広いねん私の足。

トッパーは他のメーカーのスニーカーが窮屈な私の足にもフィットするし、分厚いクッションのおかげで動きやすいので愛用中です。
これはジャストだけどワンサイズ大きいのを履いてもかわいいんですよ。

topper-pro2

私以外にも小指のつけ根から破れる人がいるのか?
ちょうどその部分にスエードが張ってあって、気配りを感じるつくりとなっております。

Baby-G

babyG

10年以上しまいこんでいたBaby-Gの電池を交換したら、ちゃんと動きだしました。やった
擦り切れて失くした遊環を革で作り、今日から使っています。

通学用にプレゼントしてもらった腕時計だけど、今つけてもやはり可愛い。
チョコレート色のベルトが若干少女っぽい気もするけど、まあいいのです。

子供の世話をするのに邪魔だった指輪や、引っぱられてちぎれそうだったネックレス。
ふんばりのきかないパンプスやあんまり荷物の入らないかばん。

子供がだいぶ大きくなり無茶しないですむようになってきたので、そういう物をまた以前のように身に着けられるようになってきました。

世の中の流行と同じように、私もこうして10年サイクルでうまく回っているのです。

2015年

本日、仕事始めです。
年末年始休暇中に快くお待ちいただいたお客様、ありがとうございました。

2015

本年も、よろしくお願いいたします。

自転車に乗って


何気ない日常。
三歳の長男を前座席に乗せて自転車で買い物に行くのが楽しみの一つ。
この年頃だと寒かろうと暑かろうと、一緒に行きたがる。

三歳になるとお喋りも達者になってくる。
歌を歌いながら、話しをしながら自転車をゆっくりと漕ぐ。
時には止まって空を見上げ、面白い雲の形を探す。



自転車に乗って
この光景が何ともお気に入り。今まで長女、次女と乗せてきたママチャリは今も健在。



後ろ座席より前座席に乗せた方が断然楽しい。
運転しながらでも子供の声が聞き取りやすいし、子供の姿が視界に入る安心感がある。
買い物へ行く…その道中は自転車の速度だからこその、日々是発見。子供の成長がよくわかる。



橋の上から海や川を眺める。
子供 エイとボラを覚えた。

通り過ぎる家の畑や花壇を眺める。
子供 トウモロコシと紫陽花を覚えた。

木々の近くで耳をすます。
子供 蝉の鳴き声を覚えた。

公園の花が最盛期。
子供 木蓮の甘い香りを覚えた。



興味があることも知りたいことも盛りだくさん。
あれ何?これ何??それ何???…とまさに三歳児は興味津々のお年頃。
父ちゃんは質問にどれだけ答えられたかな?


そんな長男も、きっと来年は後ろ座席に座ることになる。
子供は気がついたらあっという間に大きくなっている。
今しかできないことを、できるだけたくさん満喫したい今日この頃。
早く梅雨明けしないかな ムニョムニョ




 

イチゴの栽培☆子供と親の思惑




子供 一番好きな食べ物はイチゴ!
ってことで、じゃ家庭菜園で作ってみようと去年3株で始めたイチゴの栽培。
去年は赤くなったイチゴを目指して、子供達が毎朝争奪戦を繰り広げていた。
3株だと絶対数も少ないが、赤くなって食べられるイチゴがたまにしかないからそうなる。


で今年は頑張ってランナーの数珠繋ぎで子株を増やして80株にした。
去年と比べたら遥かに多く、花もたくさん咲いて実がなった。
たまに巨大サイズのイチゴも成ったが、ほとんどがスーパーでよく売っている程度のサイズでした。



イチゴ菜園
今年のイチゴ、収穫ピークは二週間程度。毎朝これだけ採れれば十分な量だが、ピークが短いのが難点。



形は均質じゃなくて不揃いだけど、味は並。野菜と違って朝採れでも感激するほどの美味しさはない。
最初は子供達も毎朝のイチゴ狩りを楽しんでいたようだが、1ヶ月もすると明らかに飽きている。
そらそうか…いくら好きでも毎朝イチゴだと飽きるよね…終盤になると採りもしない。


十分に食べたってことだろうが、作り過ぎた感はある。
子供達にとってイチゴはあっさり好きな食べ物のランク外になりました。
イチゴは既に来年の子株育ての準備。どれぐらい作るか、喜んで食べられる量の見極めは難しい。


去年のペースで今年も子株を増やせば、後2年もすれば数千株になる、ハズ。
そんなにたくさん作る気もないが、もともとそんなスペースもなし。
生食用で食べるなら量じゃなく、一粒一粒をいかに美味しく作れるかが腕の見せ所。
形はどうあれ、もっともっと美味しいイチゴが作れたらいいなぁ…。


好きな果物や野菜だと自発的によく観てくれるかなぁ…と思っていたのだが
基本的にピッキングはしても、その他は興味なし。いいとこ取りな感じはある。
色々観察して欲しかったけど…親の思惑通りには行かなかった。
花や虫は好きなのだが、成長過程を観察する楽しさや発見する楽しさってのはどうしたら伝わるかな。


アスパラガスは去年、極細で食べるには至らなかったけど、今年は食べられるサイズが収穫できた。
まだ数は2〜3日で1本程度でそれほど採れないけど
塩茹でしただけでも色取りが綺麗だしアスパラベーコン巻きなんて、お弁当らしい一品にもなる。
アスパラも既に来年の準備。準備といっても株を成長させるために採らないで放置しておくだけだが…。



イチゴ菜園
まだまだ細いアスパラも多いが、今年は極太アスパラもいくつか採れるようになった。来年に期待。



来月はトマト、キューリ、オクラ、バジルがメイン。
去年の経験を生かしてある程度は種類をしぼって効率の良い野菜をメインに栽培する。
果物は新たにブドウとキウイにチャレンジしているが、実はなるかな…さてさてどうなるやら モグモグ









黒鯛(チヌ☆年無し)獲ったど〜!

 

 


ゴールデンウィーク前、近所の河川はボラだらけ。しかもかなりデカイ。
それと連動したように、そこではシーバスが釣れなくなった気がする。何か因果関係はあるのかな???
イナっ子サイズなら捕食するのだろうが、ここまで大きいとシーバスってどういう行動とるのだろうか?


クロダイ獲ったど(5月初旬…見渡す限り岸沿いにずらっとへばりついたボラ,ボラ,ボラ。60cmは軽くありそうなサイズ)



現状はエイだらけ。でエイもルアーで釣れた。飛ぶ飛ぶ。底にへばりつくとかなり重い。畳?って感じ。
フックが伸びるか、ラインが切れるか、竿が折れるか・・・・と思いつつ引き上げた。
実はリールがやばかった…壊れなくてよかった。エイとボラはいらん。




クロダイ獲ったど(6月初旬…橋の上からエイの6匹連帯が見えた。スマホで撮影したら何とか画像で確認できるのは2匹)



この時期、高確率で釣れるのは投げ釣りでキスとサビキでコノシロ&ママカリ。
午前中に3時間ほど釣りをしたら家族で食べる夜のオカズは確保できる。
魚種は多少変わるが、毎回、同じ場所で同じ釣り方で同じように釣れる。今年はハズレなし。



クロダイ獲ったど
5月中旬の釣果…キス,べラ,テンコチ,アイナメ新子。6月になり水温UPで外道よりキスの確率はUPです。


釣れると楽しいのだが、簡単に釣れると、機械的な作業のようで、これまた面白くない。
しかもキスの天ぷらと南蛮、ベラの煮付け、コノシロ&ママカリの酢〆 にお寿司…。
贅沢な話だが、子供達はこのヘビーローテーションに少々飽き気味になってきている。


基本は家族が美味しく食べられるだけ釣れたら終了。こっちに来てから、魚をさばくのは手早くなった。
小出刃と刺身包丁があれば何とかなる。切れのいい包丁だとスムーズでストレスなく料理できる。
次の課題は狙って獲れる魚種と料理のバリエーション。家族が飽きずに食べられるぐらいは増やしたい。


サビキで釣る時は毎回長女と一緒に行く。遠投する必要がないから子供でもサビキは簡単。
回遊していたら大量だし、回遊してなくても何かしらがそこそこ釣れる。
ただ港湾は落ちると危ないからたとえ子供用ライフジャケットをつけても、ちびっ子は連れて行き難い。


そんな中、河口でクロダイ獲ったど〜!しかも年無し(ジャスト50cm)。
夕マズメにルアー(マニック115)で。シーバス狙いだったのだが…これはこれでOK。
エイだと一瞬で終了しそうなライトタックルだったから余計に面白かった。



(持ちたがるくせに…想像より重くて半べその長男。もう少し大きくなったら一緒に釣り行こうぜ。)



シーバスとチヌは狙って獲るのは難しい。まだまだ修行が足りない。
だからあれこれ考えながら釣りをする。だからこそ面白い。
自転車で10分〜15分も走れば砂浜、河川、港湾と釣り場が選べる環境だけに
旬な魚を狙って、さくっと行って、さくっと釣って、さくっと帰る。いつかはそうなりたいなぁ…。


この時期の瀬戸内は狙える魚種が多い。ウナギとアナゴも釣れるらしいから次回は挑戦してみよう。
天然うなぎと天然あなごが釣れるなんて場所に恵まれてこそ。タコもそろそろシーズンイン。
去年はタコがたくさん釣れた。釣りたてのタコでたこ焼きしたら、これがこれが美味しいのです。


先日の夕食時、小学一年生の次女が眠たくて食べれないとぐずる三歳の長男に…
子供 " 魚の命をもらって人間は生きてるんだから、もったいないしたら駄目なんだよ。"
へぇ〜…小学生になると言う事も一丁前じゃない。


今生きていた魚をさばいて食べるわけだから、
子供達にとってはスーパーの切り身の魚を食べるよりもリアリティーのある命のやりとり。
魚に感謝して頂いてくださいな モグモグ

 

 

 


おおきみなる苺

苺をきれいな苺の形に作るには相当な手間がかかるのだ、ということを家庭菜園で初めて知りました。

おおきみ

上は今までで一番大きく実った「おおきみ」という品種の苺で、受粉がうまくいった例です。

花の中におしべとめしべがありますが、自然に任せていると受粉が不完全なので、花が咲いてから絵筆でこちょこちょとくすぐるように触ってやり、人工的に受粉させます。

毎朝花が咲くたびにこれをやってくれたのは、長女でした。

普段はおやつを弟に横取りされる彼女ですが、「このおっきい苺だけはあげへんからね!姉ちゃんが育てたんやから!」と、写真の苺だけは死守。

しかしこの奇跡の苺以降は、不作となってしまいました。難しい・・・

蜂と蝶

数日前のことですが、裏庭の八朔(はっさく)の花がたくさん咲いたので、ミツバチとクロアゲハがやってきて、せっせと働いていました。

ミツバチはコロンとしてて可愛いけれども、黒い蝶はでかくて怖い。
大人になって触れなくなったものの一つ、蝶の羽。あんなに綺麗なのに。




1999年。

コノシロの酢〆

コノシロの酢〆

釣りたてのコノシロを酢〆にしたら予想以上のおいしさでした!
ツヤツヤと綺麗、思わず写真を一枚。

コノシロは出世魚で、コハダが成長したものです。
お寿司はコハダが一番好き。
今日もまた一匹釣れて、家族で食べるには少ないけれど私は満足。

贅沢な合宿

連休中は長女と次女が2泊3日の合宿へ、私はその手伝いに通っておりました。
窓の外に広がる海、遠くに見える家島諸島。最高のロケーション!

赤穂御崎

赤穂市内から温泉街に向かい急な坂を上りきると、海に面した神社があります。
きもちのいい砂利道の感触を足に受けつつすすみ、海沿いの遊歩道へと続く石段に立てば、水平線。
何度来ても心おどる私の好きな場所です。

赤穂御崎から海

飛び跳ねるスナメリ(!)や不思議な植物に気を取られて海に落ちないように、気をつけながら。

赤穂御崎の遊歩道

手伝いの身なので景色を楽しむ余裕なんぞもありましたが、当人たちは常にレッスンと隣り合わせの生活で、くたくたでした。
が、それ以上に、親の居ないところで過ごす楽しさに目覚め(そりゃそうだ!)キラキラした目をしていて、こちらまで楽しくなりました♪

| 1/40PAGES | >>

Selected entries

Categories

Archives

Something nice @

Profile

Search this site.

Mobile

qrcode

PR