スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.10.10 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コインランドリーの魔力

「やっぱりここが落ち着くわ〜」という場所、ありますか?

それは自分の部屋であったり、お気に入りのカフェや図書館、海に山・・・
人それぞれだと思いますが、最近わたしはコインランドリーが気に入っています。

人はいないのに、あったかく、もちろん綺麗に洗ってくれるし、大きなマシーンが規則的にゴトゴトいう音が好き。居心地よくて眠くなってきます。

そして、やっぱり日本人は施設を綺麗に使うなあと、こういう時実感します。

アメリカで初めてコインランドリーを使った時のことをいまだに憶えています。

そこはお宿を出て、壁に描かれたグラフィティを横目で見ながら大通りを渡った向こう側にあり、あまり治安がよろしくなく、お金を入れて洗濯するだけなのに異様に緊張させられました。

普通に、先客の男性が「靴を」洗濯していただけでしたが。

(その壁、ESPOのgraffiti)
espo


今はどこへ行くにもパソコンを開けば色々と予習することができるけれど、当時のネットは遅いうえに身近でもなく、行き当たりばったり、知ったかぶり、勘で動く!てなもんでした。

目当てのレコードを探して歩きまわる・・・。
ヴィンテージのzippoを求めてまた歩く、歩く・・・。
道に迷って冷や汗をかく。
間違いに気付き3駅ぶん引き返す。

自分だけのお宝を手に入れるためにはひたすら足を使い、回り道をしてもその途中に新しい発見が転がってたりするので、たくさん無駄をしたい。
そのあたりは今も同じです。

大きな洗濯機の回転を眺めていると不思議ととりとめもないことに考えが及び、この「徹底的にぼけーっとする」というのが特に気に入っています。

コインランドリーから名曲が生まれる事にも、納得。

スポンサーサイト

  • 2016.10.10 Monday
  • -
  • 16:06
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする