スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.10.10 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

おおきみなる苺

苺をきれいな苺の形に作るには相当な手間がかかるのだ、ということを家庭菜園で初めて知りました。

おおきみ

上は今までで一番大きく実った「おおきみ」という品種の苺で、受粉がうまくいった例です。

花の中におしべとめしべがありますが、自然に任せていると受粉が不完全なので、花が咲いてから絵筆でこちょこちょとくすぐるように触ってやり、人工的に受粉させます。

毎朝花が咲くたびにこれをやってくれたのは、長女でした。

普段はおやつを弟に横取りされる彼女ですが、「このおっきい苺だけはあげへんからね!姉ちゃんが育てたんやから!」と、写真の苺だけは死守。

しかしこの奇跡の苺以降は、不作となってしまいました。難しい・・・

スポンサーサイト

  • 2016.10.10 Monday
  • -
  • 18:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする